口紅をつけることのメリット

アテニアプライムルージュ

1.口紅をつけることのメリット
口紅 塗り方
冒頭もご紹介したんやが、口紅には女性らしさを一段と引き上げて、肌色を明るく美しくあげるちう魅力があるんや。

もっかい、保湿成分が配合されとるものは、昼の唇の乾燥を防ぐこともできるので、口紅はメイクの中でもそれほど入れるべきアイテムや。
2.上手な口紅の塗り方
2-1.下準備|口紅を塗りつける前に保湿しよう
口紅 塗り方
口紅を上手につけるためには、事前の保湿が必要不可欠や。

なんでやねんなら、唇が乾燥しとったり、荒れとったりする状態だと、何とか口紅を上手に塗っても、乾燥によるシワやらなんやらが目立ってしまい見栄えが実に悪くなってしまうからや。

もっと唇って口紅の密着度も悪くなり、すぐに落ちてしまいますわ。

カワイイ唇をキープするためにも、口紅を附ける前の下準備として保湿はどうしても行いまひょ。
◆唇の保湿方法◆

①リップクリームを縦塗り行なうわ。
口紅 塗り方
リップクリームは、横に塗りつけるほうがサラサラかと思うんやが、縦につけるほうが、唇ともたっぷり密着し、保湿することができまんねん。

また、唇が皮ムケした状態やらなんやら、乾燥が硬い方は、リップクリームを思う存分塗った後ラップで唇を覆い、5~10分ほどパックしてあげると、断然保湿できまんねん。

②半分に裂いたティッシュで何気なく唇を切り詰めまんねん。
口紅 塗り方
唇を断然保湿した後は、半分に裂いたティッシュを軽く唇に当てて、余分な油分をオフおくんなはれ。

これによって、口紅がどんどん綺麗に塗り易くなるんや。

2-2.上手な口紅の塗り方【基本編】
口紅 塗り方
ここでは、唇を可愛くあげる&落ちがたくするための上手な口紅の塗り方をご紹介しまんねん。

◆使用するアイテム◆

口紅 塗り方
・コンシーラー
・リップブラシ
・リップライナー
・口紅
・ティッシュ

【口紅の塗り方】

①コンシーラーで唇の口角を整えまんねん。

口紅 塗り方
この時、ぜひ肌色に近く馴染み易い色を選びまひょ。
②リップライナーで唇全体を塗りつぶしまんねん。

リップライナーを唇全体に使うと、リップライナーが口紅の下地として役割を果たし、次に使用する口紅を落ち難くしてくれまんねん。

また、唇のラインを一層敢然と見せることができまんねん。
③リップブラシをつぎ込み、上唇の口角から中央に向かって口紅を塗るんや。

口紅 塗り方
これによって、細部まで綺麗に塗りつけることができ、唇とも密着しやすくなるんや。
④下唇も同様に、口角から中央に向かって口紅を塗るんや。

⑤半分に裂いたティッシュを唇に軽く覚えまんねん。

⑥さらに、口紅をリップブラシ塗って完成や。

2-3.上手な口紅の塗り方【カジュアル編】
口紅 塗り方
◆使用するアイテム◆

口紅 塗り方
・口紅
・ティッシュ
①口紅を直接附けるか、指で叩き込むようにして唇にのせまんねん。

これによって、程よくムラになり、リップブラシで付けるよりも自然でラフに仕上がるんや。
②半分に裂いたティッシュを唇に軽々しく置きまんねん。
これによって、唇といった口紅の密着度を高めまんねん。
③更に、口紅を直接塗りつけるか、指で叩き込むようにして唇にのせまんねん。
この時、内側を中心に馴染ませていくと、ふさわしい立体感がでるのでおすすめや。
3.色っぽく魅せる?唇をぷっくりと見せる方法
口紅 塗り方
ここでは、唇を色っぽく魅せたい方におすすめなのが「ハイライト」の活用や。

ハイライトは、がんらい部分的に光沢感を出して顔全体を立体的に演出するアイテムや。

パウダー状のものや練り状のものがあるんやが、唇に使用する際は練り状のものをおすすめしまんねん。
使い方はどエライ簡単で、ハイライトを、唇の山の部分に気持ちよく作るだけ。

こういうひと手間で、驚くほど唇がぷくっと見えてカワイイ仕上がりになるんや、

是非実践しておくんなはれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です